So-net無料ブログ作成

【画像あり】韓国の旅客船セウォル号の沈没事故 オーナーの遺体の状況とは? [事件・事故]

Sponsored Link

韓国の旅客船セウォル号の沈没事故で、船を運航していた会社の実質的なオーナー、兪炳彦(ユビョンオン)容疑者(73)の遺体を精密鑑識した国立科学捜査研究院(国立科学捜査研究所)は25日死因の特定ができなかったことを明らかにした。

この発見された遺体にはいくつも謎が残っている。
その内容についてまとめてみた。


韓国の旅客船セウォル号の沈没事故で、船を運航していた会社の実質的なオーナー、兪炳彦(ユビョンオン)容疑者(73)の遺体を精密鑑識した国立科学捜査研究院(国立科学捜査研究所)は25日、「毒物の分析と窒息死、持病、外力による死亡かどうかなどを分析したが、腐敗がひどく、死亡原因を判明出来なかった」と明らかにした。

この遺体にはいくつか不審な点があり、物議を醸し出していたが、やはり死因は特定できなかったという結果になった。
この発表の前に、朝の情報テレビ「スッキリ!」では遺体の状況から死因を探る取材をしていた。
その内容についてまとめてみた。

兪炳彦(ユビョンオン)容疑者の遺体の状況


冬期用のジャンパーに帽子を被ったままの状態で発見された。
80%まで腐敗が進み、頭部分は白骨化。
内臓はほとんど消失している状態。
⇒死因の特定が難しい状況。

スッキリでは、遺体発見の約30分に撮影されたとされる遺体写真を入手。
その遺体の画像が放送された。※クリックしたら開きます
(TVで放映できるように処理してありますが、極端にグロ画像がダメな人は注意してください)
1407252.JPG








兪炳彦(ユビョンオン)容疑者の遺体の周りの状況


焼酎やマッコリなどの酒の瓶が散らばっていた。
⇒兪炳彦(ユビョンオン)容疑者はほとんど酒を飲まなかったという証言がある

遺体の特定


兪炳彦(ユビョンオン)容疑者の兄とDNAが一致
右手の人差し指に残っていた指紋が兪炳彦(ユビョンオン)容疑者のものと一致
⇒本人であることがほぼ確定している

兪炳彦(ユビョンオン)容疑者の死因は?


遺体の腐敗が進みすぎて死因の特定は難しいという見方が色濃い。
「スッキリ」で意見を求めた専門家は、遺体発見時、上を向いて身体が伸びた状況で見つかっていることから、
毒物服用や自殺などで苦しんで亡くなった様子ではない。
殺害後遺棄された遺体によくある状況だと語っている。

検視の結果、死因はわからなかった。
しかし、一緒に行動していた従者の行方もわからなくなっており、この者たちが何か事情を知っていると思われる。


もし、この記事が少しでもお役に立ちましたら、ポチッと応援をお願いします。更新の励みになります
↓↓↓

Sponsored Link


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。